高齢猫の飼い主さんに向けて、ペット保険、おすすめサービス、サプリ、フードなどの情報を発信しています。

高齢猫 あんしんinfo

書籍 未分類

猫にウケたければ、ネットはほどほどに?

投稿日:

先日、本の片付けをしていましたら、
以前買った「猫にウケる飼い方」という本が出てきました。
何年か前に話題になった一冊ですね。
著者は、獣医師の服部幸(はっとり ゆき)氏、
経歴を見て頂ければ分かりますが、
氏の獣医師のキャリアは、同時にネコの専門家としてののキャリア
そう言っても過言ではないほどの、豊富な経験と実績をお持ちの方で、
まさに「猫のスペシャリスト」なのです。

この本、当時読んだときは、どちらかというと、
ネコ好きが、自分の周りに居る猫に照らし合わせて楽しむことができる軽い読み物
という印象でした。
Amazonのレビューを見ても、この本で書かれていることは
「猫を飼っている者なら分かること」だ、
という意見を持つ方が少なくないようです。
しかし、注意したい病気の一覧とその特徴や、腎疾患についての説明など、
やはりスペシャリストの意見は勉強になるなと、
改めて読み直してみて感じます。

特に第3章は、長生きさせるための健康管理上のポイントについて
焦点が当てられた内容になっており、
このサイトの読者の方にもお勧めできる内容となっています。
決して多くのページが割かれているわけではないのですが、
いまの自分の飼い方が老猫にとって最適なのか、チェックリスト的な感じで
目を通して、自身の飼い方を振り返ってみると何か発見があるでしょう。
高齢のネコにも、きっともっとウケてもらえる飼い方ができるはずです。

と、ここまでが実は前置きです。
たいへん長い前置きになってしまいましたね。

このエントリの主目的は、上で名前を挙げた本をおすすめすることではないのです。
このエントリを通して、私がお伝えしたいのは、
ネットだけではなく書籍で情報を得ることの必要性です。
今回思ったんです。やはり本、です。
ペットの飼い方に関しても、「本で情報を得る」ということはとても重要なことだと痛感します。

たしかに、いまの時代、ネットで検索すれば、
たいていの問題についてカンタンに解決策を得ることができます。
ただ、それが「ホンモノの情報」かといえば、かなり怪しい。
サイトを運営している関係上、管理人も色々検索してみたりするのですが、
このところますますそう感じます。

アメリカではこのところ、いわゆる「フェイクニュース」が問題になっていますね。
ここ日本でも、最近複数の大規模ウェブメディアで、
科学的な裏付けのない健康法や、医療関係者の監修を経ない病気の治し方など、
言葉は悪いですが、要は「偽記事」を、大量に掲載していたことが問題になりました。
おそらくペット関連のサイトでも、上のような問題のあるサイトが多数存在しているはずです。

つまり、愛猫の健康を想ってネットで得た情報を試してみた結果、
逆に、あなたの猫の健康を損ねてしまう可能性もあるわけです。
こうしたことを避けるためにも、ネットと比べて手間と費用はかかりますが、
信ぴょう性の高い、書籍でもって知識を得ることは、飼い主である我々にとって
最大の自己防衛であり愛猫を守るために欠かせないことであると思います。

このサイトも、出来る限り正確性・信頼性の高い情報を発信できるよう努めつつ、
専門家の意見を得ることができる動画や書籍も積極的に紹介していこうと考えております。

広告

-書籍, 未分類
-,

Copyright© 高齢猫 あんしんinfo , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.