高齢猫の飼い主さんに向けて、ペット保険、おすすめサービス、サプリ、フードなどの情報を発信しています。

高齢猫 あんしんinfo

高齢猫の健康管理

高齢猫への配慮!フローリングのすべりにご注意!

投稿日:2016-10-09 更新日:

フローリングのすべりをなくして高齢猫の身体を配慮しよう

高齢猫にとって、フローリングのすべりは想像以上に危険です。
それは、踏ん張りが利かなくなって歩きづらくなるためです。
若い頃は特に問題がないとしても、年齢を重ねれば筋力が衰えて足腰が弱くなるため、
日常生活での行動が怪我に繋がりやすくなるのです。

部屋のフローリングのすべりをなくすことで、
高齢猫の身体への負担を和らげてあげることが可能です。

専門の会社へと依頼して、フローリングをコーティングしてもらうことがおすすめです。

・ツルツルとすべらずに済む
・走る時も降りる時も関節へと加わる衝撃を緩和できる

フローリングへのコーティングには、上記のようなメリットがあります。
専門会社へ依頼すれば、市販のスリップ防止ワックスよりも高い効果が得られます。
家全体をすべりにくいカーペットに替える方法もありますが、
ダニが繁殖しやすい、ゴミがたまりやすいなどのデメリットがあります。
長毛種であったり、そうでなくても換毛期だったりと、猫はどうしても毛が抜けることからも、
猫の居る家庭で、わざわざカーペットを敷く範囲を広くする、というのは決して良いアイデアとは思えません。

そんな時に適しているのがフロアコーティングです。
これは、高齢猫の身体の配慮に繋がるだけではなく、
飼い主さんにも以下のようなメリットがあります。

・コーティングによってフローリングの劣化を防げる
・丈夫な樹脂で表面を覆うのでおしっこのシミを予防できる
・猫のツメの引っ掻きによるキズを防げる

愛猫にとっても飼い主さんにとっても非常に有り難いサービスです。

 

高齢猫の身体のを負担を軽減するには?

以下では、フローリングのすべりをなくす以外にも、高齢猫の身体を配慮できる効果的な方法を幾つか挙げてみました。

・成猫期と比べて高齢猫は活動力が低下するので、摂取カロリーを控えめにする
・健康維持のために、ビタミンBやビタミンEが含まれたフードを選ぶ
・家の中の段差をなくして、ジャンプによる危険を回避する
・ソファがお気に入りの愛猫には、スロープや階段をつけてあげる
・トイレを、入り口ができる限り低いタイプに替える
・快適な寝床作りのために、冬場はタオルや毛布を敷いて身体の冷えを防ぐ

これらは、フロアコーティングなどと違い、すぐにでも採り入れられる対策方法です。
一つ一つの小さなケアの積み重ねが高齢猫の身体を守ることに繋がります。
フローリングのすべりをなくすコーティングの施工は、高齢猫の配慮としてピッタリですが、
一定の費用が発生するのが唯一のデメリットかもしれません。
その点、食事内容を見直したり、部屋の配置を変えたりといった対策は簡単に行えるので、
「コーティングを依頼しようかどうか迷っているけど、すぐには無理かなあ」という方は、
まず最初に上記の方法を試してみてくださいね。

広告

-高齢猫の健康管理
-,

Copyright© 高齢猫 あんしんinfo , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.